がんの進行度に応じて治療方針を決定


――治療方針を決める目安は、どんなものなのですか。


病院長 門田 守人先生


表. 大腸がんの進行度

大腸がんの進行度
表. 大腸がんの進行度


図7. 大腸がんの壁深達度

大腸の区分
図7. 大腸がんの壁深達度

水沼基本的に、大腸がんの進行度(ステージ)に応じて治療方針が決定されます。大腸がんのステージは、がんが転移しているかと、がんが大腸の壁にどれだけ深く入り込んでいるか(壁深達度)で決まります。
例えば、肝臓などの臓器や腹膜(遠隔臓器)にもリンパ節にも転移しておらず、がんが大腸の粘膜内にとどまっている場合は一番軽いステージ0、転移がなくがんが粘膜下層~固有筋層にとどまっている場合はステージⅠとなります。転移がなく、がんが固有筋層を越えているか、または接している臓器に入りこんでいる場合はステージⅡとなります。リンパ節に転移している場合はステージⅢとなり、転移しているリンパ節の種類と数によってステージⅢaとⅢbに分かれます。遠隔臓器に転移している場合はステージⅣとなります。


ページトップへ

Last Updated: 2015/5/13L.JP.OH.09.2014.0841